LOUD GARDEN Creative Director ,RYOJI OKADA Designer  岡田亮二の
ファッションは世界共通語

岡田亮二 岡田亮二

 2012年6月9日(音楽好きの間では一般的な「ロックの日」です笑)にLOUD GARDENをオープンさせる以前は、某アパレル企業の社内ベンチャー事業としてA WORKROOMというテイラー/ブランドを約10年間に渡り率いていたのですが、ある日「人生は一度きり。自分自身の力と可能性をダイレクトに試したい!」と思い立ち、独立を決意しました。 そのアパレル企業、特に社長さんには、諸々本当にお世話になったので、たくさんの恩を感じているのですが、その中でも最も感謝をしているのは世界市場へのチャレンジに力を貸してくれたことです。

  • 第1回 ファッションは世界共通語

     皆さん、はじめまして。 東京の外苑前でLOUD GARDENという、オーダーメイドの服やアクセサリーを取り扱う店とRYOJI OKADAというアヴァンギャルドなテイラードウェアブランドをやっている岡田亮二と申します。 どうぞよろしくお願いいたします。 2012年6月9日(音楽好きの間では一般的な「ロックの日」です笑)にLOUD GARDENをオープンさせる以前は、某アパレル企業の社内ベンチャー事業としてA WORKROOMというテイラー/ブランドを約10年間に渡り率いていたのですが、ある日「人生は一度きり。自分自身の力と可能性をダイレクトに試したい!」と思い立ち、独立を決意しました。 そのアパレル企業、特に社長さんには、諸々本当にお世話になったので、たくさんの恩を感じているのですが、その中でも最も感謝をしているのは世界市場へのチャレンジに力を貸してくれたことです。

  • 第2回 本能に従って尖ること

     2014年のロックの日(6月9日)で、僕がやっているTailor兼BoutiqueのLOUD GARDEN/ラウドガーデンは2周年を迎えます。

  • 第3回 装うことを楽しもう

     「自他ともに楽しくなるようなカラー・デザインのアイテムを選ぶ。」「自身のキャラクターが立つスタイリングをする。」「その場のこともイメージしてみる。」それら3つの要素を頭に浮かべながら見本市や展示会に出向く。ファッション業界であろうとなかろうと、ビジネスシーンだけではなく公私ともに大切な第一印象を決める要素は様々あるが、装いは最重要な要素である。「ファッションは世界共通語」自身のキャラクターをひとりでに、そして、的確に語ってくれる装いを日々したいものだ。

  • 第4回 熱く継続する関係こそ宝物 〜I MURRがやってきた!〜

     I MURRことAntonioとRobertaのMurr夫妻。 イタリアファッション業界の重要人物、Made in Itayアンバサダー、Fashion Guru、エトセトラ。 彼らと初めて会ったのは4年前、2011年6月のミラノでした。 フィレンツェで半年に一度開催されている、世界最大級のメンズウェア見本市PITTI IMMAGINE UOMO(以下PITTI)への三度目の出展を主目的としたイタリア出張中、そのPITTI終わりで入った、そして、ちょうどファッションウィーク中だったミラノ滞在時のことです。 そもそも知り合ったきっかけは、PITTIへの初回出展時に僕のスタンドをじっくり見てくれたシシリー出身のデザイナーTotho。 彼がBlogで僕のことを書き、「面白いデザインをする日本人を見つけたよ」と、そのBlog記事とルックブックをAntonioに見せたのが事の発端です。

  • 第5回 「好き」の力。 音楽がつなぐ縁 ~北アイルランドまでVan Morrisonのライヴを観に行く~

     ファッションを生業にしている身ですが、ファッションと同じくらいに音楽が好きです。そして、どんなことでもリストを作るのが好きです。とりわけ音楽関連のリストについては、例えば「無人島に持っていくべき音源(Desert Island Discs)5選」とか「RYOJI OKADAのスーツをステージで着て欲しいミュージシャン10人」とか「本年のベスト20ディスク」とか「理想のラインナップ30:自身で音楽フェスを開催出来るとしたら」とか、思いついたらすぐにノートに書きこんでしまう習性があります。

岡田亮二

LOUD GARDEN Creative Director ,RYOJI OKADA Designer
岡田亮二

LOUD GARDEN Creative Director ,RYOJI OKADA Designer岡田亮二1971年 東京生まれ。
1995年より、イギリスを代表する老舗テーラー、GIEVES & HAWKESの日本展開における企画責任者として活躍。
2002年10月に自身のブランド/テーラーショップ、A WORKROOMをメンズアパレル企業と共同で立ち上げる。
A WORKROOMは、アヴァンギャルドなテーラーとして直ぐに頭角を現し、ミュージシャン、俳優、フォトグラファー、アスリート等、クリエイティヴな職業に就く数多くの著名人を顧客名簿に持つブランドへと急成長する。
2010年に、既製品のコレクションライン、A WORKROOM by Ryoji Okadaを立ち上げ、世界最大の紳士服見本市PITTI IMMAGINE UOMO(フィレンツェにて半年に一度開催)にて発表。
ヨーロッパの小売店に自身がデザインした服を卸すという長年の夢を実現させるとともに、イタリアで最大部数を誇る日刊紙Corriere della Seraで取り上げられる等、ヨーロッパのファッション業界に大きなインパクトを残すことに成功する。
PITTI IMMAGINE UOMOへの出展を4シーズン続けた後に「敢えて茨の路へ!」と決意、完全なインディペンデントの立場を得るためにA WORKROOMを解散させ、2012年に自身のテーラーショップLOUD GARDENと自身のブランドRYOJI OKADAを設立。
「独力での日本発世界」を目指して、”Love, Passion and The Heart of Rock’n Roll!”な日々を生きている。

LOUD GARDEN official website www.loudgarden.com
RYOJI OKADA official website www.ryojiokada.com

ビジネスカレッジ(IBCセミナー)

一覧へ