海外ビジネスFAQ

海外ビジネスFAQ

海外ビジネスの道標!
カテゴリ: 配送

海外販売の場合、商品の発送はどう手配したらいいですか?

海外への発送で最も多く利用されてるのは日本郵便です 。

他にも代表的な国際宅急便としては、FedEx、DHL、UPS、日本通運、海外ペリカン便、ヤマト運輸、国際宅急便、佐川急便、国際宅配便(SGX)があります。

個人で海外発送を行おうとすると、民間の国際宅急便は高い発送料金を支払うことになります。

発送先や内容物によっても異なりますが、一般的な相場は国際郵便の何倍にもなります。ただ、個人で海外発送する場合、FedExやDHLを利用した方が安全で確実に届くというメリットもあります。

特に、途上国へ荷物を発送する場合は、現地の郵便局のトラブルに巻き込まれて荷物が届かないなどの最悪の場合も考えておいた方が良いでしょう。

また、パソコンやネガやポジフィルムなどを送る場合は、FedExやDHLの民間の会社を利用した方が良い場合もあります。このように、発送先国や内容物によって海外発送方法を使い分けることが、上手な海外発送の使い方と言えるでしょう。

http://www.kaigai-hassou.com/guide/delivery.htm

PREV

NEXT

(※ 同一カテゴリの前後のFAQ記事を見ることができます)

海外ビジネスFAQカテゴリ

海外ビジネスFAQ監修

プロフィール

ジャパンコンサルティング株式会社
代表取締役 佐藤 亘(さとう わたる)

北海道出身 上場通信会社の取締役を退任後、35歳の時に世界40ヶ国を巡る旅へ。 約1年の旅の中で日本製品の需要と評価の高さを実感する。
帰国後、「日本と世界をつなぐ仕事」をしたいと言う思いから、
ジャパンコンサルティング株式会社を設立。

幅広いジャンルの商品70万アイテム以上を海外販売で取り扱い、
膨大なデータとノウハウを蓄積する。
その後、企業の海外WEB販売、販路開拓をさまざまな面から総合的に支援する事業をスタート、
多くの企業を、海外販路の拡大や売上大幅アップなどの成功へ導く。

現在は事業を拡大し、世界40ヶ国約400人に及ぶ各分野の専門家であるネイティブスタッフと連携して、
進出先の国やターゲット層に合わせた戦略の策定、ECサイトの企画・作成、
eBay、Amazonなどのマーケットプレイスにおける効果的な販売や集客、運営についての支援、
有力な販路開拓を効率的に探すための提案、海外販売の代行サービスなど、
日本企業の海外進出を具体的かつ全面的にサポートする事業を幅広く展開している。

「日本の売りたいと世界の欲しいをつなぐ」ための事業をさらに拡大中。

経済産業省、中小機構などセミナー開催、講演、メディア掲載多数。

ジャパンコンサルティング株式会社
Web Site : http://www.j-consulting.co.jp/
Video  :https://youtu.be/uHD5r3pjLB0
Linkedin : www.linkedin.com/in/watarusato10

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。