海外ビジネスFAQ

海外ビジネスFAQ

海外ビジネスの道標!
カテゴリ: 展示会

はじめて海外展示会に出展します。気をつけることはなんですか?

事前に次のような準備をしておきましょう。

1.提案したい相手の連絡先リストを作る
顧客、関係先、そして見込み客に、展示会への参加を連絡し、展示会自体を宣伝し、展示会に来てもらうように誘います。展示会の参加者を増やすのは主催者の仕事かもしれませんが、可能性のある潜在顧客が多くいることを確かめるのは自分の仕事だと考えましょう。
展示会の他の出席者に連絡するのもいいでしょう。展示会のブースの予約ができているのであれば、展示会の運営チームの持つリストを使って、来客数を伸ばすことも可能かもしれません。

2.e-メールキャンペーンを開始する。
e-メールによるキャンペーンは、安く簡単にできるという意味で優れています。また、オープンレートやクリックスルーレートを入手すればe-メールによってどの程度の関心を得ているかを知ることもできます。
自分で頻度を調節して一連のe-メールの送信をしましょう。それには、既存の顧客や見込み客に出席を呼びかける当初のe-メールと、その場に自分が参加していることを知らせる内容のメールが含まれます。そして展示会直前には登録された出席者にリマインダーメールを送信しましょう。(できればすでに、次にあげるダイレクトメールを受け取っていることが望ましいでしょう)

3.メーリングの準備をする
過去のものと思われがちなダイレクトメールですが、予定を知らせるには今も効果的な方法です。業界の専門家は、ハガキを最も効果的なダイレクトメールの方法として勧めています。特に、ユニークな形やデザインで印刷されたハガキは有効です。
ここでの目標は、展示会が始まる前に、多くの人がブースを訪れてくれるように、会社と製品とセールスメッセージを人々の印象に残すことです。少なくとも、来場する人が直接ブースを見るより前に、自分と自分の製品について知らせておくようにしたいです。ですから、ハガキに使うキャッチコピーと画像は目につきやすく記憶に残るものにするべきです。
この方法は、一般的にすでに展示会への出席がわかっている相手に対してより効果的です(加えて、数ヶ月前から展示会への出席をメールで促すことができます)。展示会の運営者から最新の連絡先リストを必ずもらいましょう。そして、ハガキには以下を書き添えます。
①展示会の名称と日付:展示会の詳細について
②ブース番号:展示会のどこに出店しているか
③目につくキャッチコピー:カードの一番上に、製品やブランドのメインとなるセールスメッセージ
④手短なお得な情報:製品やブランドに関する大事なメリットや特徴を簡潔に
⑤連絡先情報(電話番号とe-メール)・ウェブサイトのURL:展示会の前に興味を持った人のために

(※ 同一カテゴリの前後のFAQ記事を見ることができます)

海外ビジネスFAQカテゴリ

海外ビジネスFAQ監修

プロフィール

ジャパンコンサルティング株式会社
代表取締役 佐藤 亘(さとう わたる)

北海道出身 上場通信会社の取締役を退任後、35歳の時に世界40ヶ国を巡る旅へ。 約1年の旅の中で日本製品の需要と評価の高さを実感する。
帰国後、「日本と世界をつなぐ仕事」をしたいと言う思いから、
ジャパンコンサルティング株式会社を設立。

幅広いジャンルの商品70万アイテム以上を海外販売で取り扱い、
膨大なデータとノウハウを蓄積する。
その後、企業の海外WEB販売、販路開拓をさまざまな面から総合的に支援する事業をスタート、
多くの企業を、海外販路の拡大や売上大幅アップなどの成功へ導く。

現在は事業を拡大し、世界40ヶ国約400人に及ぶ各分野の専門家であるネイティブスタッフと連携して、
進出先の国やターゲット層に合わせた戦略の策定、ECサイトの企画・作成、
eBay、Amazonなどのマーケットプレイスにおける効果的な販売や集客、運営についての支援、
有力な販路開拓を効率的に探すための提案、海外販売の代行サービスなど、
日本企業の海外進出を具体的かつ全面的にサポートする事業を幅広く展開している。

「日本の売りたいと世界の欲しいをつなぐ」ための事業をさらに拡大中。

経済産業省、中小機構などセミナー開催、講演、メディア掲載多数。

ジャパンコンサルティング株式会社
Web Site : http://www.j-consulting.co.jp/
Video  :https://youtu.be/uHD5r3pjLB0
Linkedin : www.linkedin.com/in/watarusato10

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。