海外ビジネスFAQ

海外ビジネスFAQ

海外ビジネスの道標!
カテゴリ: 配送

フランス向けに販売予定です。発送について気をつけることはありますか?

フランスへ発送する場合H、以下の様なことに気をつけてください。

◆EMSラベルへのドアコード記入
フランスあて国際スピード郵便(EMS)で、受取人の住所が建物内へのアクセスにドアコード情報(ドアロックを自動解除する文字番号)が必要な集合住宅等である場合は、EMSラベルの「お届け先欄」にドアコード情報と電話番号をご記入ください。

例)ドアコードが「2004」の場合 → Digicode 2004

ドアコードが不明で、また受取人と電話が繋がらない場合、配達員が集合住宅内に入れないため、建物玄関ドアの内側に設置された郵便受箱に不在通知書を差し入れることができず、受取人に到着通知がされないまま郵便物が最寄りの郵便局で保管されるなどして配達が遅延したり、返送されるおそれがあります。地方都市ではドアコードなしでも届く場合もありますが、パリなどはドアコード及び電話番号は必須です。

◆金額の記載
税関告知書(EMSラベル)及びインボイス上の内容品価格には、必ず金額をかくようにしてください。
「0ユーロ」などの記載では税関保留になる可能性があります。

◆不在の場合
フランスでEMS配達時に受取人が不在の場合、クロノポスト社(フランスでのEMS配送を請け負う会社)の不在通知がポストに残されます。不在留置き期間は郵便局の場合14日間です。期間を過ぎますと日本へ返送されます。

(参照:日本郵便ホームページ) https://www.post.japanpost.jp/int/use/france.html

PREV

(※ 同一カテゴリの前後のFAQ記事を見ることができます)

海外ビジネスFAQカテゴリ

海外ビジネスFAQ監修

プロフィール

ジャパンコンサルティング株式会社
代表取締役 佐藤 亘(さとう わたる)

北海道出身 上場通信会社の取締役を退任後、35歳の時に世界40ヶ国を巡る旅へ。 約1年の旅の中で日本製品の需要と評価の高さを実感する。
帰国後、「日本と世界をつなぐ仕事」をしたいと言う思いから、
ジャパンコンサルティング株式会社を設立。

幅広いジャンルの商品70万アイテム以上を海外販売で取り扱い、
膨大なデータとノウハウを蓄積する。
その後、企業の海外WEB販売、販路開拓をさまざまな面から総合的に支援する事業をスタート、
多くの企業を、海外販路の拡大や売上大幅アップなどの成功へ導く。

現在は事業を拡大し、世界40ヶ国約400人に及ぶ各分野の専門家であるネイティブスタッフと連携して、
進出先の国やターゲット層に合わせた戦略の策定、ECサイトの企画・作成、
eBay、Amazonなどのマーケットプレイスにおける効果的な販売や集客、運営についての支援、
有力な販路開拓を効率的に探すための提案、海外販売の代行サービスなど、
日本企業の海外進出を具体的かつ全面的にサポートする事業を幅広く展開している。

「日本の売りたいと世界の欲しいをつなぐ」ための事業をさらに拡大中。

経済産業省、中小機構などセミナー開催、講演、メディア掲載多数。

ジャパンコンサルティング株式会社
Web Site : http://www.j-consulting.co.jp/
Video  :https://youtu.be/uHD5r3pjLB0
Linkedin : www.linkedin.com/in/watarusato10

ビジネスカレッジ(IBCセミナー)

一覧へ