海外ビジネスFAQ

海外ビジネスFAQ

海外ビジネスの道標!
カテゴリ: SEO対策

海外でマーケティングリサーチをしたいのですが、便利なツールはありますせんか?

海外のマーケティングリサーチをするなら、次のようなツールがおすすめです。

1.Global Market Finder
世界中で行われたインターネット検索のデータを基に、アラビア語、中国語、英語など 56 の言語のいずれかでキーワードが検索された回数を表示します。
特定のキーワードで各国の検索ボリュームとクリック単価、競合性を出し、それらの複合的な要素からニーズの高そうな国順に表示します。
キーワードを日本語で入力すると自動的に各国で使用されている言語に翻訳してくれ、その検索ボリュームなどを出してくれます。
http://translate.google.com/globalmarketfinder/

2.Consumer Barometer
世界45ヶ国、10カテゴリーの中から、インターネットの利用動向をまとめたサイトです。各国のオンラインの動向に関するアンケート調査結果が分かりやすく掲載されています。

例)・どんなデバイスを使って商品リサーチをしたのか?
  ・商品購入する前に検討した日数はどのくらいか?
  ・どのくらいの数のブランドを検討したのか?
  ・ネットを使って海外から商品購入した頻度、印象、重要視したこと。

現地で売れそうな商品リサーチにこの動向調査結果を役立て、各国のユーザーニーズも把握することができます。
https://www.consumerbarometer.com/

3.Google Trends
Googleの検索ボリュームから、国ごと、地域ごとに、特定のキーワードの検索の傾向や比較ができます。調べるキーワードを最大で4つまで指定して比較することができます。

期間:キーワードトレンドを調べたい期間を指定できます。
国:どの国の検索ボリュームを調べるのか、国や地域を指定できます。
カテゴリ:Googleが分類したカテゴリーの中から、そのキーワードの出現カテゴリを選択できます。
検索の種類:通常のWEB検索、画像検索、ニュース検索、ショッピング検索、YouTube検索など、検索の種類を指定できます。

さまざまな切り口でキーワードの検索数のトレンドを表示できます。比較をすると、グラフ上に複数のトレンドが表示されます。
https://www.google.co.jp/trends/

PREV

NEXT

(※ 同一カテゴリの前後のFAQ記事を見ることができます)

海外ビジネスFAQカテゴリ

海外ビジネスFAQ監修

プロフィール

ジャパンコンサルティング株式会社
代表取締役 佐藤 亘(さとう わたる)

北海道出身 上場通信会社の取締役を退任後、35歳の時に世界40ヶ国を巡る旅へ。 約1年の旅の中で日本製品の需要と評価の高さを実感する。
帰国後、「日本と世界をつなぐ仕事」をしたいと言う思いから、
ジャパンコンサルティング株式会社を設立。

幅広いジャンルの商品70万アイテム以上を海外販売で取り扱い、
膨大なデータとノウハウを蓄積する。
その後、企業の海外WEB販売、販路開拓をさまざまな面から総合的に支援する事業をスタート、
多くの企業を、海外販路の拡大や売上大幅アップなどの成功へ導く。

現在は事業を拡大し、世界40ヶ国約400人に及ぶ各分野の専門家であるネイティブスタッフと連携して、
進出先の国やターゲット層に合わせた戦略の策定、ECサイトの企画・作成、
eBay、Amazonなどのマーケットプレイスにおける効果的な販売や集客、運営についての支援、
有力な販路開拓を効率的に探すための提案、海外販売の代行サービスなど、
日本企業の海外進出を具体的かつ全面的にサポートする事業を幅広く展開している。

「日本の売りたいと世界の欲しいをつなぐ」ための事業をさらに拡大中。

経済産業省、中小機構などセミナー開催、講演、メディア掲載多数。

ジャパンコンサルティング株式会社
Web Site : http://www.j-consulting.co.jp/
Video  :https://youtu.be/uHD5r3pjLB0
Linkedin : www.linkedin.com/in/watarusato10

新聞社が教える SPECIAL CONTENTS
プレスリリースの書き方

記者はどのような視点でプレスリリースに目を通し、新聞に掲載するまでに至るのでしょうか? 新聞社の目線で、プレスリリースの書き方をお教えします。