海外ビジネスに関連するリリース情報

OCRソフトの ABBYY FineReader PDF 15 のサブスクリプション化のご案内

配信元企業:株式会社エーディーディー

OCRソフトの ABBYY FineReader PDF 15 のサブスクリプション化のご案内

【サブスクリプション(年払い)への変更】
株式会社エーディーディーは 2022年 6月 1日より OCRソフトの ABBYY FineReader PDF 15(アビー ファインリーダー ピーディーエフ)をサブスクリプションライセンスとして販売いたします。
サブスクリプション化により、OCRソフトの ABBYY FineReader PDF 15 の最新版を、追加費用なくご利用いただけます。
従来の買い切り型ライセンスのご注文は、2022年 5月 30日で受付を終了し、在庫分のみの販売となります。
買い切り型ライセンスの購入をご検討中のお客様は、お早めにご購入ください。

 -サブスクリプション販売への変更のご案内
  https://finereader.add-soft.jp/support/?p=4657


【製品内容】
■高い認識精度と多言語に対応した OCR
ABBYY FineReader PDF は、約 198言語の OCR が可能なソフトウェアです。
日本語、英語、中国語、韓国語、ウクライナ語など多くの国の言語以外にも、Basic や C/C++などのプログラミング言語の読み取りにも対応しています。
世界中の画像や PDF からテキストを読み取り、Word や Excel、検索可能な PDF などのドキュメントに素早く変換します。
表や箇条書きなどが含まれるビジネス文書を、元の外観を保持した状態で変換できるため、DXを推進する多くの企業で利用されています。

■Microsoft Office アプリケーションへの統合による SDGs の推進
最新版では、Word や Excel などの Microsoft Office 内のボタンから、直接 PDF に変換できるように進化。
Excelファイルの作成後に、そのままの画面で PDF にも変換できます。
さらに、Outlook で受信したメールを印刷せずに PDFファイルとして保存できるため、SDGs への取り組みにも適しています。

■PDFソフトとしても活躍
Adobe Acrobat に代わり、PDFファイルの閲覧や作成・編集ソフトとしても活躍。
作成した PDF は、Word や Excel ファイルとして保存することもできます。

■自動変換処理*
指定した日時にフォルダ内の画像や PDF に対して、自動で OCR処理を実行できます。
予め指定しておいたファイル形式に自動で変換して、変換したドキュメントを保存することが可能。
テンプレート機能と併用すれば、ファイルを開くことなく、定形書式のドキュメントに OCRとファイル変換を自動実行できます。

■文書比較機能*
英語や韓国語などの 40言語の文書比較に対応。
修正前と修正後のドキュメントを比較して、変更箇所を検出して相違点を表示します。

* 印は、コーポレートエディションのみ対応

*************************************************
販売元:株式会社エーディーディー
WEB:https://finereader.add-soft.jp/
*************************************************

お問い合わせ先

ABBYY FineReader お問い合わせフォーム
https://finereader.add-soft.jp/support/?page_id=4517

配信元企業:株式会社エーディーディー

情報提供元:イノベーションズアイ