迈机投資管理顧問(上海)有限公司  代表取締役社長 榎本 あゆみの
トランク1つで上海に殴り込み

榎本 あゆみ 榎本 あゆみ

 中国と私の間には、「縁」も「ゆかり」も何もない。 2004年ごろ、北京と上海に旅行に行ったことがあるだけ。その後、2010年にたまたま上海へ行く機会がありそこでパワフルさと混沌さの先にある希望を目の当たりにした。 日本で女子中・女子高・女子大を卒業。特に何不自由なく育ってきたし、周りを見渡せば社長令嬢たちがゴロゴロいた。卒業を控えた大学3年生。ひょんなことから「起業家」というジャンルの人たちに出会った。そこから私の人生が劇的に変わっていった。 自分の人生を自分の手で作り出したい。 将来起業するために、日本からより多くの起業家を輩出し日本経済を支えていくという理念の会社に就職。20代では贅沢すぎるほどの仕事を経験させてもらった。 社会人5年目のある日、上海に行く機会があった。 当時の中国は、GD...

  • 第1回 縁もゆかりもない上海へ

     そんな中、海外旅行への魅力を感じない日本の学生が増えているというニュースを耳にした。自分とは違う価値観に触れたときに自分のコアが出来上がる。アメリカでハンバーガーにステーキを食べて、改めて白米と味噌汁の良さに気がついたし、インドで物乞いをする子ども達を見て、日本の豊かさを思い出した。チェコの古城を見て素敵だと感じ、パリのシャンゼリゼ通りを歩きながら、いつか住みたいなと思った。

  • 第2回 上海までの片道キップ

     上海に行くことを決めてからの行動力は自分でも目を見張るものがある(笑)。片っ端から知り合いに連絡をし、上海にいる知り合いを紹介してもらった。以前から御世話になっている上場企業の社長さんに紹介してもらった方の家に(男性、笑)泊めてもらうことだけ決めて上海へ乗り込んだ。中国語は「ニーハオ」しかわからなかった。

  • 第3回 国際社会「上海」

     上海には全く知り合いがいなかった。しかし、上海に行くことを決めたとたんに、多くの方が「友達が上海にいるよ」「同期が上海駐在してるよ」などとご紹介してくださった。上海に降り立ったその日から、毎日のように人に会いまくる日々が始まった。せっかく上海に来たのだから、という思いもありできるだけ多国籍の人と知り合うように努めた。結果、日本人初めて迎える大イベントクリスマスの夜も、中国人の友人たちと過ごすことになった(笑)。

榎本 あゆみ

迈机投資管理顧問(上海)有限公司 代表取締役社長
榎本 あゆみ

一度しかない人生を、思いっきり楽しみたいという思いから自分で事業を行う事に興味を持つ。真の意味でのグローバル人材になるために単身で上海へ。ネットワーク0の上海という土地で、2年目の誕生日会には100人もの人が集まってくれるまでの人脈を築く。

いわゆるお嬢様学校に10年通った後、ベンチャーというフィールドへ飛び込み周りから驚かれる。通常、新卒を採らない起業家支援の会社に入社。数千人規模のイベント責任者、起業家向けプログラム企画運営など携わり20代で千人近くの起業家と出逢う。
より困難でより好奇心を掻き立てられる選択をしていく中で、上海で事業をすることを決め小さなスーツケース1つで旅立つ。日々、中国ビジネスで奮闘中。

mykey不動産 : http://my-key.asia/
BLOG : http://blog.livedoor.jp/ayu813eno/
facebook : https://www.facebook.com/ayumienomoto813