世界で通用するスピーチ力 第5回 トークにおける『黄金の3S』とは?

早坂まき子
 


貴方は雑談やトーク技術のノウハウに関する本を読んだり、セミナーを受講したことがありますか?


プライベートや婚活においてのスピーチがテーマの際に、講師である私が受講生からいただく質問で多いのが「初対面や相手のことをよく知らない場合、そもそも、どんな話をしたらよいですか?」という点についてなのです。

 

ビジネス上のプレゼンテーションでしたら、テーマが明確なので悩まない。


しかしフリートークをしてよい、もしくはしなければならない場面では何を話すと友好関係が築けるか?という意図の質問が多いです。

 


トークにおける【黄金の3S】とは?



皆さんきっと、「無意識で」天気の話、最近のニュース、話題の流行、などトークのネタを元に会話をしていることでしょう。


どんなネタがNO.1か、という質問には答えはありません。


ただし、面白い=聞くに耐えうるトークには【黄金の3S】があります。

 

Sympathy ・・・共感


Service   ・・・ 知識


Smile        ・・・ 笑い

 

 

これが、黄金の3Sです。

解説しましょう。

 

まずは


Sympathy ・・・共感


聞き手が共感できるようなトークを心がける。という意味です。

 

王道の例題は「天気」です。

「晴れて、気持ちの良い青空が広がっていますね」

「雨が続いて湿度が高いですね」

「晴れるのは嬉しいけれど、花粉が飛んでいて辛いです」

「来週、台風が日本上陸らしいですよ」


皆さんも何気無く口にする天気の話題は、無難であり、誰でも「共感しやすい王道テーマ」です。


なぜなら、同じ地域に暮らす人同士ならば天気は、誰にでも平等に与えられる情報だからです。


きっと相手は「そうですね」と共感することができます。


私の頭上だけ雨が降り、聞き手の周囲だけ気温が35度、などという現象はまずあり得ません。


もちろん、地域が異なれば天気天候も変わります。ですので北海道在住の人間と九州在住の人間とでは、「今日の天気」をテーマに雑談して共感を得ることは難しいのは確かです。


しかし、同じ時間同じ地域にいて対面でフリートークするならば天気の話題は無敵です。王道を侮るなかれ、というわけです。


そして天気天候の話題以外にも、ニュース、仕事、健康、趣味、特技、流行など、雑談のテーマは沢山あります。


【聞き手と自分の共通点はどこにあるのか?】


 戦略的に探りましょう。

『共感できる』話題が見つかれば、人と人が仲良くなるスピードは早くなります。

 

 

service・・・知識


お気づきの通り、日本語訳ではありません。


なぜサービスが「知識」なのか。


これは、相手が欲している知識・情報をテーマにトークをすると、聞き手に喜ばれ、会話が盛り上がるという意味です。


例えば、貴方が「FXについての最新情報が欲しい」という人間ならば、私が「得するFX情報」をお伝えすると喜ぶはずです。

知りたかった知識・情報が得られたので会話が弾み満足すること可能性があります。


では、私が貴方に「FXで稼ぐより起業した方がいいわよ。【起業するノウハウ】を教えてあげる」といったら、貴方はどう思うでしょうか?


大半の人は「その起業するための情報はいらない。必要ない。欲していない」と感じるはずです。

 

この二つ目のS、service・・・知識は、聞き手がどのような知識・情報を知りたがっているのかを自分が理解していないと相手へ知識・情報をサービスすることが出来ないので、1つめのSよりもステップアップしたトークの技術が必要なのです。

 

 

さて、三つ目のSは

Smile・・・笑い。

 

喋り手も聞き手も笑顔になれる会話が 、声をあげるほど笑える話題、というのは盛り上がるます。ただ、笑いの法則というのは難解です。


我々アナウンサーという職業は、他人を笑わせるプロではないので、笑わせるノウハウはお教えする資格がありません。


ただし、一つだけ。


初対面や相手のことをよく知らない場合であれば【悪口、マイナスな事を話題にしない】これが鉄則です。


【悪口やマイナスを話題にする】


これは、Smaile・・・笑いを生みにくくするからです。


共感の知人の悪口やブラックジョークを「ウケるだろう、笑ってくれるだろう」と思って貴方が話題に出して相手から拒否されたり、否定的に捉えられる可能性は【絶対無い】と言い切れますか?


例え、世間を騒がせる有名人芸能人や、貴方の業界の嫌われ者であっても、聞き手にとって「大好きな人間」であった場合、待ち受けているのは悲劇です。どうぞご注意くださいね。

 

 

以上、フリートークにおける【黄金の3S】でした。

是非、これらを「意識して」今後の雑談やフリートークにご活用ください。

 

ちなみに、3Sの入っていないトークの例題の1つは、「自慢話」と「夢(寝ている間に見るドリーム)」です。


この二つのテーマは相手にとっては、共感も出来ない、知識にもならない、笑いもできない残念な話題だと、心にメモをしてください。

 
 

早坂まき子

スピーチ・ジャパンフリーアナウンサー
早坂まき子

フリーアナウンサー、スピーチ講師。2002年ミス清泉女子大学グランプリ。
元フジテレビ系列仙台放送アナウンサー。在局時は、スポーツ担当として東北楽天ゴールデンイーグルスを2005年の初年度から取材。『スーパーニュース』スポーツコーナーから、情報番組の食事リポート、イベント司会まで幅広いジャンルをこなす。
2011年の東日本大震災で震災報道も経験。
J:COM「週刊ボランティア情報・みんなのチカラ」(2011年8月~翌年3月まで放送)にて、ケーブルテレビアワード2012年審査員特別賞受賞。
現在、スピーチ講師として、企業研修や結婚相談所でのコミュニケーションセミナー、トーク時における立ち居振る舞いセミナーを実施。
清泉女子大学、非常勤講師。

株式会社スピーチジャパン所属 http://bizsp.net/
無料動画セミナー公開中 http://bizsp.net/freeseminar/

キーワードからコラムを検索する