企業を躍進させるための外国人活用術 第1回 言語や文化の壁を越えて、勇気を出して外国人戦力を獲得する

宮沢 光平
 
近年、日本に、外国人観光客が増えています。ニュースでも良く取り上げられてるかと思います。
しかし、増えているのは、なにも観光客だけではありません。
日本は積極的に、外国人労働者も増やそうと、様々な施策をうってきました。その結果、少しずつ、日本で働く外国人や、その予備軍である留学生が増えてきています。
では、なぜ、外国人を増やす必要があるのでしょうか?
それは、業種による濃淡はあれど、日本企業の労働力不足が深刻になっているためです。
製造業、建設業ではもちろん、最近は、飲食業、ホテル業、その他様々な業種で悲鳴の声を聞きます。

私は、池袋で外国人専門の人材紹介、人材教育業を営んでおります。
そのため、日本の企業様から、アルバイト、正社員、外国人技能実習生等の人材活用について、様々な相談を持ちかけられます。
私は、東南アジア系の外国人留学生を中心に、これまで3000名以上の面談を行ってきました。

その中で、私が最近、特に感じるのは、外国人採用に積極的に取り組めている企業様が少ないということです。正社員となれば、リスクもありますが、アルバイト採用ですら、その傾向があります。
多くの企業様が、人が足りないと叫んでおり、多くの外国人留学生が、アルバイトが見つからないと嘆いているにも関わらず、そのような状態です。

私は、その一番の原因が、日本企業様の外国人採用に対してのチャレンジ精神が欠落しているところにあると思っています。
チャレンジ精神とは、「言語や文化の壁を越えて、勇気を出して、外国人を活用しよう」という意識のことです。

大半の企業様が、外国人というだけで、間接的に面接拒否をします。
また、企業内で、外国人採用を始めようという方針になったとして、上層部は、その方針と指示を日本人採用と変わらない意識で、採用担当者に任せます。
すると、採用担当者は、言語レベルや文化の違いを必要以上にリスクと考え、採用予定数を満たせられなくなるケースが散見します。

確かに、まったく日本語が話せない外国人を活用することには、リスクがあります。
留学生の数が急に増えた特定の国では、本国で日本留学ブームが起こっており、日本語レベルが極端に低い学生が多く来日しているケースもあります。
また、中国のような漢字圏でも、日本語の会話、読み書きが来日当初からできる学生がいたとしても、経済的な余裕もあるからか、さらに給料の高い仕事が見つかったり、上司との相性が合わなければ、すぐに仕事を辞めてしまうというリスクもあります。
しかし、そのような学生をすべて避けて、そうでない学生だけを採用しようと思えば、時間がかかることは当然です。

人は欲しい。だけど、リスクは取りたくない。それでは、労働力不足はいつまでも解消されません。
日本に何年も住んでいる外国人でない限り、日本語レベルが低かったり、生活様式、常識理解に遅れがあることは当然です。しかし、まずは、勇気を出して外国人を‘育てる’ことを前提に採用基準を拡げて、外国人採用に踏み切ってみるというのはいかがでしょうか?

当社のお客様でも、勇気を出して、外国人採用に踏み切った企業様が多くあります。
当社の就業定着サポートサービス等を用いながら、少しずつ外国人を管理、育成し、今や数十名のアルバイト採用に至っている企業も出始めています。
当社のご紹介の経験から、外国人の新規導入、活用を成功させるには、まず、社内に入れてみてから、試行錯誤していくことが何より必要なことだと感じております。まずは、勇気を出して一歩を踏み出しましょう。

勇気を出して、その足を踏み出したのならば、次は、どれだけ、採用した外国人を継続させられるかです。
それには、いくつかの方法があります。それは、また、次回お話しさせていただきます。
 
 

宮沢 光平

株式会社ユナイテッドマインドジャパン代表取締役
宮沢 光平

外資系大手IT関連企業に勤務した後、人の心を数値化するロボットソフトウェアを開発するベンチャー企業に経営企画として参画。
その後、食品メーカーにて、海外進出支援の責任者を担当。
2014年6月に「グローバル」、「IT」、「心」をキーワードとして外国人材の活用を支援する株式会社ユナイテッドマインドジャパンを設立。
日本に来ている3000名以上の外国人材との交流歴をノウハウ化。また、採用リスクを最小限に抑えた、業界初「月額制外国人アルバイト採用支援」等、お客様のニーズに合わせた外国人材の活用を提案中。
現在は、アルバイト採用支援の他、正社員、外国人技能実習生の採用、採用後
の外国人教育、マニュアル翻訳等、お客様の様々な課題を解決する活動を実施。

定着率を圧倒的にあげる 月額制外国人アルバイト採用支援
株式会社ユナイテッドマインドジャパン
http://www.unitedmind.jp/

キーワードからコラムを検索する