企業を躍進させるための外国人活用術 第11回 外国人採用を推し進めるための戦略 ~外国人スター選手を採用する~

宮沢 光平
 
こんにちは、外国人採用支援のプロフェッショナル集団
ユナイテッドマインドジャパンの宮沢です。

今回は、外国人採用を社内で推し進めるためのアイデアを一つ提案いたします。

外国人採用を推し進めるために最初に取り組むべきこと、それは
「スター選手を作る」ということです。

今回のお話は、特に、上司と現場の板挟みにあい、
外国人採用を積極的に推し進められない人事部の方に聞いていただきたいお話です。

外国人採用を拡大していくうえでの不安はいろいろあるかと思います。
しかし、一番多いのは、
「何が問題になるかがわからない」という不安なのではないでしょうか?

ビザの問題、文化、マナーの違い、日本語能力、たくさんありますが、
それぞれの項目について、どんな問題が潜んでいるかが分からないという不安です。

大抵は、自分自身が調査し、不安を無くした上で、話を進めようとするでしょう。
しかし、その後、現場や上司から不安要素を指摘されて、説得することが出来ず、
自分自身も怖くなり、外国人採用をあきらめてしまったという方、
私は多く目にしてきました。

このような指摘をはねのけるための一つのアイデアが
「外国人スター選手を作る」というものです。

スター選手ですから、ポテンシャルをもっており、優秀です。
しかし、採用コストを抑えた上で、このような優秀な方を確保していくことは、
弊社にご相談いただければ難しいことではありません。

目の前の人材不足を解消するために、コストをかけずに、場当たり的に中途半端な
レベルの外国人材を採用することは。社内で外国人採用を推し進めるという視点に
立った場合には、長続きしない場合が多いです。

出来れば長期的な視点に立ち、社内報に載せても恥じないぐらいの
圧倒的な実績を見せられる外国人材を採用することを
おすすめいたします。
その外国人材を採用することで、社内の各部署に対して、
外国人材の良いイメージを浸透させることができます。
その良いイメージを基に外国人材の採用を進めていけば、
外国人材の組織化を早めることが出来ます。

優秀な外国人材の探索、直接雇用が難しいのであれば、
正社員派遣として社内にテスト導入することも良い案だと思います。

現在、本国の一流大学を卒業しながら、就職先がない人材から、
本国の高校を卒業して、日本語を3ヵ月だけ勉強しているような
外国人技能実習生等、様々なレベルの外国人が日本に来ています。
ぜひ、長期的な視点に立ち、順序立てて外国人材を採用していく
ことを強くお勧めいたします。
 
 

宮沢 光平

株式会社ユナイテッドマインドジャパン代表取締役
宮沢 光平

外資系大手IT関連企業に勤務した後、人の心を数値化するロボットソフトウェアを開発するベンチャー企業に経営企画として参画。
その後、食品メーカーにて、海外進出支援の責任者を担当。
2014年6月に「グローバル」、「IT」、「心」をキーワードとして外国人材の活用を支援する株式会社ユナイテッドマインドジャパンを設立。
日本に来ている3000名以上の外国人材との交流歴をノウハウ化。また、採用リスクを最小限に抑えた、業界初「月額制外国人アルバイト採用支援」等、お客様のニーズに合わせた外国人材の活用を提案中。
現在は、アルバイト採用支援の他、正社員、外国人技能実習生の採用、採用後
の外国人教育、マニュアル翻訳等、お客様の様々な課題を解決する活動を実施。

定着率を圧倒的にあげる 月額制外国人アルバイト採用支援
株式会社ユナイテッドマインドジャパン
http://www.unitedmind.jp/

キーワードからコラムを検索する